サイトへ戻る

新型コロナウィルスの時代における不平等への取り組み(要約版)

2020年6月18日、 家族農業の知のプラットフォームより

· インターナショナル

不平等を悪化

 新型コロナウィルスのパンデミックによる直接的・間接的影響は、国によって状況が大きく異なりますが、新型コロナウィルスは不平等な状況を悪化させる可能性があります。財源が潤沢で強力な公衆衛生システムを備えた高中所得国は、当初、新型コロナウィルスの影響を受けていましたが、パンデミックに対処することに成功しています。その一方で、財源が少なく、特に農村地域において公衆衛生、社会的保護、衛生、およびその他の公共サービスの提供が脆弱な低所得国は、パンデミックによる社会的・経済的影響に対処するのにより大きな困難に直面するでしょう。国内では、収入、資産、健康、教育、正規雇用、機会均等、社会的保護、インターネット、公共サービスへのアクセスにおける既存の不平等が蔓延し、新型コロナウィルスの直接的・間接的影響を拡大します。最も脆弱なのは、貧しい世帯や不安定な日雇い労働、季節的な移住、移動生活などの非公式な雇用に依存している世帯です。また、小規模生産者、貯蓄がなく、保険や代替収入源にほとんど頼らない人も該当します。雇用されている人でも、その多くは低賃金の労働者であり、不可欠なサービスに従事しているためウイルスに感染する危険にさらされています。

脆弱なグループ

 国内および世帯内の不平等は、ジェンダーと強く関連しています。女性が特定の不平等に直面しているだけでなく、先住民族を含む他の疎外された人々も不平等に直面しています。これらの脆弱なグループは、外出制限を順守する能力が最も低く、社会的・経済的ショックを和らげる手段を欠いていることがよくあります。新型コロナウィルスによる不平等の拡大は、長期的な影響を及ぼします。不平等が拡大すると、経済成長が貧困削減に与える影響が制限されます。つまり、最終的な経済回復が貧困層やその他の疎外されたグループに与える影響が少なくなり、貧困層が置かれた状態が悪化し、以前よりも大きな不平等に直面する可能性があります。不平等に対処しなければ、最終的な景気回復は新型コロナウィルスによってもたらされる貧困の削減に与える影響が少なくなります。不平等の拡大は避けられません。

国家、政治、政策の役割

 国家機関、政治および政策は、既存の不平等に対処することと、新型コロナウィルスのパンデミックの即時および長期の影響に対して、より公平な対応を達成することの両方において重要な役割を果たすことができます。不平等への対処は明確な優先事項であり、中長期的な視点から見る必要があります。

詳細はこちら

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK