サイトへ戻る

急性食料不安に関するFAO-WFPの早期警告:2021年8月から11月の見通し

2021年、FFKPニュースレターより

· インターナショナル,ニュース

飢餓ホットスポット報告書2021年8月〜11月版では、食料安全保障の悪化のリスク、特に急性の飢餓とそれに関連した栄養失調の状態が深刻な国を急性食料不安のホットスポットとして、国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)との合同で早期警告分析の結果を提供します。分析では、食料不安の主要な要因すべてが考察されています。本報告書は、これらの場所で最も脆弱なコミュニティの食料安全保障のための緊急行動を呼びかけることを目的とし、今後4か月ほどの影響予想を概説しています。

詳しく読みたい方は、以下のURLにアクセスしてください。

本記事は、国連食糧農業機関(FAO)の家族農業の知のプラットフォーム(FFKP: Family Farming Knowledge Platform)から配信されたニュースレターの抄訳です。FFKPには、世界中から家族農業に関する情報が集められています。

翻訳:家族農林漁業プラットフォーム・ジャパン(FFPJ)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK