サイトへ戻る

ナイジェリアの新興小規模畜産農家にとっての課題

2020年6月24日 FFKPニュースレター(元資料:食料安全保障センター)

 

· インターナショナル

FAOによると、人口増加と所得増加の結果、世界の食料需要が大幅に増えるので、今後35年間で食料生産を約60〜70%増やす必要があります。穀物の需要(食品と家畜飼料の両方)は2050年までに約30億トンに達すると予測され、年間の穀物生産量は約10億トン(今日21億トン)増加させる必要があります。一方、食肉生産も現在2億トンですが、2050年には合計4億7,000万トン生産する必要があります。このうち発展途上国で消費されているのは58%ですが、将来的には72%になります。

豚肉の80%を輸入

オコリー・オスカー・アンガスは、ナイジェリアの養豚業者です。「世界中の豚肉製品の貿易額は毎年数十億ドルに達していますが、残念ながら、アフリカはこのうち5%未満しか享受していません。 さらに、ナイジェリアとガーナで消費される豚肉の80%は、他の豚肉生産国から輸入されており、推定年間コストは約30億ドルに及んでいます。アフリカの巨人として知られるナイジェリアは、収入源として石油に強く依存した偏った経済構造を持っています。 石油は政府の収入の80%、外国為替収入の90%を占めています。 作物や家畜の生産に従事することは、非常に困難なように見えますが、国の経済を多様化するにも、食料安全保障を達成するためにも、最も実行可能な方法の1つだと私は考えます…」 とオコリーさんは養豚を始めたきっかけについて話ってくれました。「作物や家畜の需要の高まりに対応できるようにするためには、コミュニティの経済を支えながら、より安全な食料の未来に貢献できる現地生産への取り組みを強化する必要があることを認識しています。同時に、土地が入手し難いことや気候変動の影響が生産性を抑制し、食料不安につながる可能性があることも考慮すべきです。」

地元産飼料の生産を開始

しかし、オコリー氏が農場で目指しているのはそれだけではありません。 彼はすでに、より持続可能な家畜と農業生産に向かっています。 彼の主な関心事の1つは、彼の家畜が適切に給餌され、それらが健康であることを確認することです。「この課題を是正するために、私たちは独自に地元産飼料の生産を始めました。したがって、私たちの農場では、家畜を育てるために栄養価の高い健康的な食品も生産し、最終的には食料生産を増やして維持し、時折発生する家畜の病気の発生を軽減します。私たちは家畜のワクチン接種プログラムを実施しており、動物の成長段階に応じて、タンパク質、エネルギー、その他の栄養素の最適な組み合わせを常に模索しています。飼料は主にトウモロコシ、大豆、PKC、キャッサバの皮で構成されています。」

教育センターとして

オコリー氏と仲間は家畜と作物生産の改善に誠実に取り組んでいますが、それは彼らの唯一の関心事ではありません。「私たちは、統合された農場をパイロットファームとして確立することに取り組んでいます。パイロットファームでは、農業の学生や研究者がナイジェリアで研究を行うことができます。私たちは農場以上のものを選びます。教育センターを作るという考えは、私たちにもう1つの使命を与えることができます。子供と大人を教育するという使命だけでなく、農民や家畜の所有者にも、より持続可能な未来に向けてどのように取り組むことができるかを教えることです。それは私たちが食品安全センターと協力しているものです。確かに時間はかかりますが、将来世代のために投資する価値があることは誰もが知っています。」

本記事は、国連食糧農業機関(FAO)の家族農業の知のプラットフォーム(FFKP: Family Farming Knowledge Platform)から配信されたニュースレターの抄訳です。FFKP

には、世界中から家族農業に関する情報が集められています。

翻訳:家族農林漁業プラットフォーム・ジャパン(FFPJ)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK